NEWS&INFO

ニュース・情報

Last Update:2020/12/21

すべてのニュース
ALL NEWS 2020 December

2020年12月21日

クラブ

2020シーズンホーム最終戦セレモニー挨拶 全文

2020シーズンのリーグ戦は12月20日をもちまして終了いたしました。

ホーム最終戦後セレモニーの挨拶全文をご紹介いたします。


取締役社長 小川淳史

th_DSCF7870

「本日は寒い中、お越し頂き、そして応援頂き誠にありがとうございました。今シーズンはコロナ禍においてチーム、選手全員に対し、今こそ本当の意味での「なんくるないさぁ」で乗り切りましょう、ということを伝えました。「なんくるないさぁ」という言葉はいまでこそ軽く使われがちですが、本当の意味は「真(まくとぅ)そーけーなんくるないさ」苦しいときにどれだけ困難な時でも真の道を行く、本当に頑張る、その先になんとかなる、そんな言葉だそうです。この言葉で今シーズン乗り切ることができたと思っています。超過密日程というシーズンでして琉球は沖縄からアウェイゲームの際は長距離移動を強いられました。過密日程の中での移動は選手にとっても大きな負担になったと思います。それを乗り越え、今シーズン、本日は最終戦でしたが昨シーズンに比べより多くの勝点をとって終了することができました。選手にとってもスタッフの皆にとっても私としてもクラブとしてもとても誇らしく思うと共に、パートナー企業の皆様、多くの関係者の皆様、ホームタウンの沖縄市、駆けつけてくれたファン・サポーターの皆様に感謝を申し上げたいと思います。来シーズン、我々FC琉球はより上を目指し、沖縄と共に強くなっていくことを目指し頑張っていきたいと思いますので変わらぬ応援をよろしくお願い申し上げます。」

 

 

樋口靖洋監督

th_DSCF7877

「今シーズンも大変なシーズンになりましたがこうして最終戦を迎えることができ、シーズンが終了しました。今シーズン過密な日程、無観客の状態、それから観客を少しずつ増やすといった様々なステージを置きながらシーズンを過ごしてきました。こういった状況の中でもサッカーができることを感謝してやろうということをチームで話していました。そしてそれができたのはFC琉球に関わる全ての方の力があったからこそだと思います。運営の皆様、ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、皆さんの支えがあってサッカーができていることを改めて感じました。僕たちはサッカーがなければ豊かな人生にならない、ということを改めてピッチの上で証明しなければならないということをこのシーズンで感じました。僕たちは皆さんにサッカーの魅力を伝えて勝つ喜びを伝え、そして分かち合って沖縄を愛し愛される、そういうチームにならなければいけないということを、こういう状況だからこそ強く感じることができました。今シーズンは勝点を「1」だけ昨シーズンより積み上げることができました。まだまだここにいる選手はできる力があり、僕がその力を引き出さなければいけない、そう強く思っています。今日の敗戦をしっかり受け止めて来季、チームが掲げるJ1への昇格への道を歩めるようにチーム一丸となってやっていきたいと思います。引き続き我々の背中を押してください。そしてサッカーの喜びサッカーの楽しさを分かち合ってください。来シーズンもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。」

 

上里一将キャプテン

th_DSCF7891

「今年は新型コロナウイルスの影響でイレギュラーなシーズンとなりました。リーグ戦は前例のない過密日程、サポーターの皆様は無観客でスタジアムへ足を運べず本当に厳しいシーズンだったと思います。今まで当たり前のようにやってきたサッカーが当たり前ではなくなり皆様の手拍子や声援がどれだけ僕たちの背中を押し、支えてくれていたかは計り知れません。改めてファン・サポーター、パートナーの皆様への感謝の気持ちがより大きくなった1年でした。来年もコロナウイルスの影響が落ち着いているかはわかりませんが僕たちはできることを全力で取り組み、皆様の日常がより楽しく笑顔で過ごせるよう、活力を与えられるよう、精一杯努力していきたいと思います。改めて2020シーズン、辛く厳しいシーズンを共に戦っていただきありがとうございました。来年もFC琉球をよろしくおねがいいたします。」