FC琉球 県産品応援プロジェクトとは?

FC琉球の選手やスタッフが、
コロナ禍の影響を受ける県産品(農水産品)の流通促進や、
同じくコロナ禍の影響を受ける沖縄県内の子ども達の
食糧支援や自立支援を行なうプロジェクトです。

FC琉球 県産品応援プロジェクト
FC琉球 県産品応援プロジェクト
お知らせ
2021.10.9
10/16(土)2021明治安田生命J2リーグ第34節愛媛FC戦は「FC琉球県産品応援DAY」として開催します。
詳細はこちら
2021.08.21
県産品応援プロジェクト特設ページ公開

主な活動内容

県産品のプロモーション

1. 県産品のプロモーション

FC琉球とイオン琉球の協働、沖縄県の協力により、コロナ禍による影響を受けている県産品のプロモーションを実施。プロモーションにはFC琉球とイオン琉球のコンテンツやメディアを活用し、県産品の魅力やコロナ禍の影響を受けている実態を伝え、観光に依存し過ぎない県産品の流通促進につなげます。

県産品活用レシピの開発・紹介

2. 県産品活用レシピの開発・紹介

Jリーグクラブならではの取り組みとして、アスリートのパフォーマンス向上や子供の発育のために県産品を活用できるレシピを開発・紹介していきます。

琉球応援弁当の開発・販売

3. 琉球応援弁当の開発・販売

県産品を活用した「琉球応援弁当」及びプロモーションした県産品をイオン琉球が販売し、コロナ禍で影響を受けている県産品の流通促進を図ります。イオン琉球による「琉球応援弁当」の売上の10%は今後の子供支援に再活用されます。

琉球応援弁当の子ども食堂への配布

4. 琉球応援弁当の子ども食堂への配布

沖縄県委託事業「おきなわこども未来ランチサポート」との協働により、県内子ども食堂に「琉球応援弁当」を無償配布し、県産品の流通促進と同時にコロナ禍による影響を受ける沖縄の子供への食糧支援を実施します。

子供たちと選手との交流

5. 子供たちと選手との交流

FC琉球選手と子供達との食育教室やバスツアーによるスタジアム観戦での交流を通じて、子供への食糧支援のみならず、身近な夢である地元プロサッカー選手との交流により夢や目標を持つことや視野を広げることでの自立支援も目指します。

県産品応援動画

FC琉球公式番組(沖縄テレビ:毎週土曜 11:10~11:25 OA)
FC琉球公式番組

#シンカTV vol.16 [FC琉球公式番組 7/25放送分]

#シンカTV vol.17 [FC琉球公式番組 7/31放送分]

#シンカTV vol.20 [FC琉球公式番組 8/21放送分]

#シンカTV vol.21 [FC琉球公式番組 8/28放送分]

#シンカTV vol.22 [FC琉球公式番組 9/4放送分]

県産品活用レシピ

アスリートウチナー飯

監修者友寄さんのプロフィール
監修者プロフィール

友寄 友子(ともよせ ゆうこ)
ロクト整形外科クリニック
管理栄養士
経歴:整形外科で管理栄養士として成長期の子供達から高齢者まで各年代の方を対象とした栄養相談や講演会、ダイエット教室などを行う。また、部活生や企業チームの栄養サポートを行っている。

もずくのコンディションUPサラダ
もずくのコンディションUPサラダ
もずくの栄養

もずくは、水溶性食物繊維が多いので、善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことで、腸内環境を整える働きがあります。これにより、生活習慣病を予防したり、発がん物質の生成を抑える効果が期待できます。また、もずくカップに含まれるクエン酸で、運動後の筋疲労改善にも役立ちます。

材料 2人分
もずくカップ 1カップ
島豆腐 200g
冷凍オクラ 50g
マグロ 60g
花かつおパック 1袋
ポン酢 お好みで
作り方
  1. 冷凍オクラは自然解凍か、レンジでラップをせずに600Wで1分30秒加熱する。
  2. 島豆腐とマグロを食べやすい大きさにカットする。
  3. 器に島豆腐を入れ、その上にオクラ、もずく酢カップ、マグロ、花ガツオの順に入れて最後にお好みでポン酢をかけて召し上がれ♪
    ※お好みでシソの葉やネギなど薬味を散らしてください♪
かぼちゃと島野菜の甘酢炒め
かぼちゃと島野菜の甘酢炒め
かぼちゃの栄養

かぼちゃには、抗酸化成分(ビタミンA・C・E)が含まれているため、活性酸素を減らす効果があり、筋肉疲労蓄積や発がん、動脈硬化、老化に良いとされています。激しい運動の後や紫外線が気になる方、ストレスにも効果的です。これらビタミンA・B・Cは、免疫力を高め、体のコンディションを整えます。

材料 2人分
鮭(骨なし) 2切れ
かぼちゃ 120g
ナス 1/2本
オクラ 3本
ゴーヤー 1/8本
パプリカ 1/4個
片栗粉 大さじ2
サラダ油 大さじ3
白ゴマ 適量
みりん、酢、醤油 各大さじ1
粉黒糖(砂糖でも可) 大さじ2
作り方
  1. 鮭と野菜を全て一口大に切り、それぞれ別のポリ袋に入れ
    片栗粉を大さじ1ずつまとわせる。
  2. フライパンにサラダ油を入れて弱めの中火で熱し、鮭をこんがり焼いたら
    ひっくり返す。フライパンの中央に野菜を入れて両面を焼いていく。
  3. よく混ぜた調味料を回しかけて絡ませ、最後に白ゴマをかけたら完成。

FC琉球 琉球応援弁当

『琉球応援弁当』イオン琉球8店舗で好評販売中!
琉球応援弁当
「琉球応援弁当」の販売について

販売価格:税込540円 *売上の10%は子ども支援に活用

販売店舗:イオン那覇店・イオン南風原店・イオンスタイルライカム・イオン具志川店・イオン名護店、マックスバリュ一日橋店、マックスバリュ宮古南店、マックスバリュやいま店

販売日 11/3(水)、11/7(日)、11/11(木)、11/13(土)、11/20(土)、11/28(日)、12/4(土)

*2022年1月以降の販売予定日は決まり次第こちらでご案内します。
*2021年8月14日~2022年2月(予定)に、FC琉球ゲーム開催日や毎月11日のイオンデー等を中心に数量限定販売いたします。

子ども食堂へ『琉球応援弁当』の配布
琉球応援弁当
琉球応援弁当

FC琉球は、イオン琉球及びおきなわこども未来ランチサポートを通じて県内の子供食堂等に琉球応援弁当を毎月約700食、来年2月までの7か月間、合計5,000食を継続して寄付していきます。FC琉球は、オフィシャルパートナーであるイオン琉球と協同し、誰一人取り残さないというSDGs(持続可能な開発目標)の精神の下、必要な支援活動を継続してまいります。

FC琉球×イオン琉球 「琉球応援弁当」配布先

2021年9月

  1. 9/4(土)
  2. ほのぼのカフェ 100個
  1. 9/11(土)
  2. とのしろ学童クラブ 20個
  3. とのしろ学童クラブ青空 20個
  4. 学習支援inspire 20個
  5. どんぐりの学童クラブ 25個
  6. どんぐり第二学童クラブ 25個
  7. 石垣小学校放課後児童クラブ 25個
  8. 新川小学校放課後児童クラブ 30個
  9. こども創造塾そらとかぜ 30個
  10. 虹の和学童クラブ 15個
  11. みらいの宝学童クラブ 10個
  12. デイゴ学習支援教室 40個
  13. さんご教室 10個
  14. サシバ教室 30個
  15. みんなのおうち 20個
  1. 9/18(土)
  2. くにむとぅや 95個
  3. ぶながやっ子ハウス 25個
  1. 9/25(土)
  2. とのすく児童館 100個
  3. デイゴ学習支援教室 40個
  4. さんご教室 10個
  5. まなびやぁ教室 30個
  6. みんなのおうち 20個

2021年8月

  1. 8/11(水)
  2. 上原自治区公民館 30個
  3. レッツクッキング 50個
  4. 呼吸こども食堂 20個
  5. ゆいゆいクラブ 40個
  6. みんなおいでよ陽迎橋 20個
  7. 石垣市ひとり親家庭福祉会 25個
  8. 子どもホッ!とステーション 35個
  9. まきら子どもホッ!とステーション 20個
  10. 石垣島こども&じぃ~じぃ・ばぁ~ばぁ食堂※受取りは石垣社協 20個
  11. デイゴ学習支援教室(NPO法人エンカレッジ)40個 
  12. さんご教室(NPO法人エンカレッジ) 10個
  13. サシバ教室(一般社団法人 教育振興会) 30個
  14. まなびやぁ教室(セレブラム教育システム株式会社) 20個
  1. 8/18(水)
  2. くにむとぅや 150個
  1. 8/28(土)
  2. くじら寺子屋 110個
  3. 住吉国際ジュニア倶楽部 40個
  4. 石垣市ひとり親家庭福祉会 100個
  5. デイゴ学習支援教室(NPO法人エンカレッジ) 40個
  6. さんご教室(NPO法人エンカレッジ) 10個
  7. サシバ教室(一般社団法人 教育振興会) 30個
  8. まなびやぁ教室(セレブラム教育システム株式会社)20個

キッズ未来ドリームツアー

コロナ禍で外出の機会が減っている子供たちに、様々な体験を通して視野を広げ、将来の夢や目標を持って欲しいという想いから、スタジアムでのJリーグ観戦招待バスツアーを実施しています。ツアーでは県産品応援プロジェクトの一環として、参加した子供たちに県産品を活用した「琉球応援弁当」も配布します。

協力:東京バス株式会社、おきなわこども未来ランチサポート

 
西原町上原自治会のみなさん
  • 西原町上原自治会
  • 糸満市社会福祉協議会、子どもカフェ@よつば
  • 沖縄市くじら寺子屋

FC琉球 県産品応援DAY

2021明治安田生命J2リーグ第34節愛媛FC戦を「FC琉球 県産品応援DAY」として開催しました。

県産品DAY1 県産品DAY2 県産品DAY6

<主な実施内容>

  • 県産品来場者プレゼント抽選会
  • 県産品応援ブース(もとぶ牧場、我那覇畜産、兼正青果、水実、イオン琉球)
  • 大型ビジョンカーやスタジアムビジョンでの県産品応援映像の放映
  • キッズ未来ドリームツアー実施
  • 県産品応援チケット販売(チケットに付帯する商品:前田鶏卵、我那覇畜産、兼正青果、水実)
  • プレゼントした県産品
    ・もとぶ牧場食事券
    ・前田のこだわり卵
    ・セーイカの塩煮
    ・あぐー焼肉弁当
    ・わけあり県産野菜

応援している生産者さん

金武町のもずく
屋比久健さん

漁港金武町浜田漁港

屋比久健さん

金武町もずくの特徴

金武湾で採れるもずくは、潮の流れの影響を受けにくく、太く歯ごたえのあるもずくに成長します。太いので塩漬け保存にも適しています。

琉球応援弁当メニュー

もずくの天ぷら

金武町のもずく
宮古島産 栗かぼちゃ、角おくら、ゴーヤー
有限会社 楽園の果実

生産者農業生産法人有限会社楽園の果実

所在地宮古島市下地字来間

代表取締役砂川 智子さん

農園のこだわり

自然環境に配慮し人間にもやさしい有機栽培で育てています。

琉球応援弁当に使う農作物

宮古島産 栗かぼちゃ
宮古島産 角おくら
宮古島産 ゴーヤー

農園のこだわり

プロジェクト概要

目的 コロナ禍の影響を受ける県産品(農水産品)の流通促進支援並びに、同じくコロナ禍の影響を受ける沖縄県内の子ども達の食糧・自立支援
実施期間 2021年8月~2022年2月
実施主体 琉球フットボールクラブ株式会社(FC琉球)
協力 イオン琉球株式会社、沖縄県、おきなわこども未来ランチサポート
助成 休眠預金等活用公募事業(スポーツクラブによるコロナ緊急支援事業)
  • FC琉球
  • イオン琉球株式会社
  • 沖縄県
  • おきなわこども未来 ランチサポート
  • 休眠預金等活用事業