FC琉球エンブレム

NEWS&INFO

ニュース・情報

Last Update:2016/08/07

すべてのニュース
ALL NEWS 2016 August

2016年8月7日

トップチーム

☆第20節☆5試合ぶり勝利 ガンバ大阪U-23に4-1 復活進撃へ貴重な白星
Sweeping Victory: FC Ryukyu Overwhelmed Gamba Osaka U-23, 4-1

明治安田J3第20節でFC琉球はガンバ大阪U-23とアウェイゲームで対戦、4-1で快勝。5試合ぶりに勝点3を得て10位を維持した。攻撃サッカーをめざして模索する中、前節までは試合内容で手ごたえを感じつつも連敗という結果に終わっていたが、今節で一挙に払拭し、今後のリーグ戦や天皇杯に向けて貴重な勝利を得た。

FC Ryukyu overwhelmed Gamba Osaka U-23 with a 4-1 score in a road game today, which gave FC Ryukyu momentum to move up again in the J3 League. Ryukyu boys kept pressure over Gamba U-23 during most of the match time and utilized mistakes of the counterparts: FW14 Riki PARK quickly reacted the ball fumbled by the Gamba goalkeeper and slotted it to the net to open the game in 5 min, and MF8 Noritaka FUJISAWA showed off his agility in 25 min by stealing the rebound ball and dribbled it up straight to add more insurrance. FW7 Keita TANAKA, who came back to the field from a suspention, converted a penalty fore sure in 60 min, and FW9 Pabro also gave an extra push to the Osaka team in the second half injury time. Ryukyu stays 10th in the J3 rankings. FC Ryukyu vs Gamba Osaka U-23 Match Result

前節は警告累積で出場できなかった才藤龍治、田中恵太が復帰。FWに朴利基、富所悠、田中恵太を置いた。前半から積極的に攻める琉球は開始5分に、MF6田辺圭佑の直接フリーキックを相手GKがこぼしたところで朴利基がすかさず押し込んで先制。25分には相手DFからMF8藤澤典隆が奪うとそのままドリブルでゴールまで持ち込んで追加点、前半で2得点とした。

後半、さらにプレスをかける中、60分にはペナルティーエリア内で田辺が倒されて得たPKを田中恵太がきっちり決めて3点目。その後の一進一退で1点を奪われたが、アディショナルタイムには混戦からMF24平田拳一朗がうまく拾ってつなげ、終盤から出場のFW9パブロが押し込んでダメ押し。GK朴一圭のファインセーブも光る試合で、金鍾成監督が掲げる「3-1で勝つ」を上回り今季最多となる1試合4得点でG大23に快勝した。

第20節 試合レポート(Jリーグ公式サイト)

第20節 試合データ(Jリーグ公式サイト)

第20節 選手コメント・FW9パブロ選手(Jリーグ公式サイト)

第20節 金鍾成監督コメント(Jリーグ公式サイト)

※掲載写真の無断利用・転載はご遠慮ください。
Unauthorized use of the photos is prohibited.
IMG_3592 IMG_3594 IMG_3597 IMG_3600 IMG_3610 IMG_3623 JLG3_16174_d20 JLG3_16174_d24 JLG3_16174_d42 JLG3_16174_d45 JLG3_16174_d49