FC琉球エンブレム

NEWS&INFO

ニュース・情報

Last Update:2016/05/16

すべてのニュース
ALL NEWS 2016 May

2016年5月16日

トップチーム

○第9節○パブロのPK1点守り切って勝利 粘り勝ちで琉球2位に浮上

FC琉球はきょう、大きな勝ち点3を得た。明治安田J3第9節は15日、ガンバ大阪U-23をホームに迎えての対戦。ここ3試合白星をつかむことが出来ていない琉球だったが、今節は混戦のJ3上位で首位を目指すためにも絶対に落とせないゲーム。前半にパブロが得たPK弾をきっちり決めて先制、その後攻め続け計12本のシュートを放った琉球が、追加点こそ奪えなかったものの貴重な一点を死守して勝利した。これにより琉球は3位から2位に浮上した。この日はEMウェルネスリゾートコスタビスタ沖縄Hotel & Spaの冠試合で、小原俊之・総支配人からMF 5 フアン選手にマンオブザマッチが贈られました。

うだるような暑さの中でのゲーム。今シーズン初めて、MF 5 フアン、MF 15 レオナルド、FW 9 パブロのブラジル人3選手が揃ってスタメン入り。前半15分にレオナルドの2発のシュートを手始めに琉球はペースをつかみ出し、MF 7 田中恵太、フアン、レオナルドと立て続けに攻めるが枠をとらえず。主導権を奪った中で22分、左サイドからフアンのあげたクロスを受けようとしたパブロがペナルティエリア内で倒されてPKのチャンスを奪い、右足できっちり決めて先制点を奪取。その後もパブロは積極的に攻めるが、得点ならず。

後半は一転してG大23のペースの中、金鍾成監督は田中恵太をMF 18 富樫佑太に替えて流れを引き戻し、さらにMF 14 朴利基、FW 16 山内達朗を相次いで入れて揺さぶる。しかし最後までG大23のゴールを割ることが出来ず、結局はパブロの1点を守り切って、ホームで貴重な白星を得た。

第9節試合レポート(Jリーグ公式サイト)

第9節試合データ(Jリーグ公式サイト)

第9節選手コメント FW 9 パブロ選手・DF 11才藤龍治選手

第9節 金鍾成監督コメント(Jリーグ公式サイト)

※掲載写真の無断利用はご遠慮ください。
Unauthorized use of the photos is prohibited.
IMG_8075  IMG_8104
IMG_8092  IMG_8141
IMG_8156  IMG_8169
IMG_8180  IMG_8206
IMG_8337  IMG_8397
IMG_8407  IMG_8509
IMG_8703  9N7X4214