FC琉球エンブレム

NEWS&INFO

ニュース・情報

Last Update:2016/05/01

すべてのニュース
ALL NEWS 2016 May

2016年5月1日

トップチーム

○第7節○2点ビハインド 10人でドローに持ち込む 2-2 vs SC相模原
Rolling Back: Hard-nosed FCR Boys Rallied to a 2-2 Draw with Sagamihara

明治安田J3第7節でFC琉球は1日、昨季まで琉球を指揮した薩川了洋氏のSC相模原を迎えてのホームゲーム。金鍾成監督率いる新生琉球が向かった一戦は2-2のドロー。琉球は前半に先制点を許し、さらにレッドカードで退場者を一人出して2失点目を献上。しかし、後半にFW 15 レオナルドを投入して一気に巻き返しを図り、10人の数的不利から2点差を埋める展開に。終盤はカウンター攻撃の応酬とエキサイティングな試合内容で、ドローの結果以上に得るものが大きいゲームだった。琉球は首位と勝ち点差1の3位で上位を維持。

FC Ryukyu boys got something more than the game result. FCR played a Home Game today with SC Sagamihara, 4th in the J3 League standings, headed by Mr. Norihiro SATSUKAWA who commanded FCR for three years up to the last 2015 season.  See today’s match result at the J League official website.

Game highlights for the Ryukyu, now led by Head Coach Jongsong Kim, were in the second half. With 2 scores behind and losing a defender sent off in the first half, they showed their persistence and tenacity for a victory:  FW 9 Pabro dribbled through to find the net at 61 min. HC Kim substituted MF 24 Kenichiro HIRATA and FW 15 Leonardo for seemingly-tired a defender and a midfielder around 70 min. This stimulated the team’s performance more and brought another chance for the Ryukyu soon after: MF 7 Keita TANAKA got a much-awaited equalizer after converting Leonardo’s pass. After that saw exchange of counter attacks continued for a while and Ryukyu’s GK 1 Iryugyu Park defended the goal at all cost up to the end.

Head Coach Kim and the players said a same sentense in a post-game press conference that rooting from Ryukyu fans gave a boost to them to roll back the game tide and thanked their supporters. FCR hope to see our fellow fans again at the next Home Game, scheduled on May 15, Sun, at the OAP Stadium. They will play Gamba Osaka U-23.

琉球は前半、ポゼッションでは優位に立ちながらもいまいちペースをつかみきれず。13分にはこぼれ球を拾われ、DFラインを突破されて失点。43分にはDF 11 才藤龍治が相手の得点機会を阻止したとしてレッドカードで退場、PKをとられてさらに失点。前半終了間際のこの展開にスタジアムは重たい空気に包まれた。

しかし後半、琉球は吹っ切れたかのように攻め始める。ハーフタイムに金監督は「一人足りないという意識は持つな!」と選手たちに発破。途中、やや疲れの見えたMF 8 藤澤典隆とDF 14 朴利基に代えて、MF 24 平田拳一朗とFW 15 レオナルドを相次いで投入。FW 9 パブロとレオナルドに球を集めると、61分には田中恵太のパスカットをパブロがドリブルで一気に持ち込んで1点を返す。今度はレオナルドがこぼれ球を拾って抜け出し、つないだ田中恵太がネットを揺らして同点弾。琉球はなおも攻撃の手を緩めず、相模原も必死の攻守。最後はGK 1 朴一圭が集中力でゴールを守り切った。

試合後の会見で金監督や選手たちが口にしたのは、スタンドの歓声と声援が後押ししたこと。結果こそドローとなったが、今季で最もファン・サポーターと選手たちが一体となったゲームとなりました。次回のホームゲームは5月15日(日)18:00キックオフ、第9節のEMコスタビスタ沖縄Presents ガンバ大阪U-23戦。みなさまお誘いあわせのうえ、是非ともスタジアムで琉球に力を!

第7節レポート(Jリーグ公式サイト)

第7節試合データ(Jリーグ公式サイト)

第7節選手コメント FW 9 パブロ選手・MF 7 田中恵太選手(Jリーグ公式サイト)

第7節 金鍾成監督コメント(Jリーグ公式サイト)

※掲載写真の無断利用・転載はご遠慮ください。
Unauthorized use of the photos is prohibited.

DSC_0340 IMG_6092 IMG_6161 IMG_6242 IMG_6267 IMG_6299 IMG_6326 IMG_6378 IMG_6623 IMG_6624