FC琉球エンブレム

NEWS&INFO

ニュース・情報

Last Update:2016/04/17

すべてのニュース
ALL NEWS 2016 April

2016年4月17日

トップチーム

○第5節○首位キープ 盛岡に競り勝ち:3-2 パブロ初スタメン・田中2得点
Significant Win From Behind: FCR Outruns Morioka, Firming J3 Top Position

明治安田J3第5節は17日、アウェイゲームでグルージャ盛岡と対戦。前節に首位奪還を果たした琉球は首位固めへ負けられない戦い。先制を許したあとの逆転成功、追加点を奪うも追い上げられそうになるハラハラした一戦を3-2で制し、勝点12でJ3リーグ順位トップを維持した。来週以降続く第6節vsカターレ富山、第7節vsSC相模原のホームゲーム2連戦に向けて大きな勢い得た。

FC Ryukyu came behind and won the road game of J3 5th Sec. against Grulla Morioka today, with 3-2 scores, and made its current top position in the J3 standings more firm. It was an up-and-down contest on the whole; FCR made a blunder in th very early stage in the first half, that, at 2 min., allowing the Morioka to open the match. Concealing their impatience and biding their time, the Ryukyu boys began breaking down the game at 40 min by MF 7 Keita TANAKA’s equalizer. The second half was of the Ryukyu definately. FW 9 Pabro, who joined the starter lineup for the first time in the 2016 J3, broke the deadlock with a header and TANAKA again swept in a free kick from deadball specialist MF 10 Yu TOMIDOKORO. Though the opponents desperately tried to curb the game current, the Ryukyu guys managed to hold on for a 3-2 victory.

 

前節で大分をおさえて首位を奪い返したとはいえ、J3上位はほとんど団子状態。その中で今節の勝ち点3は数字上に大きな意味を持つ。今季これまでの試合すべてで先制してきた琉球だが、今日の盛岡戦は前半2分に失点を許す展開に。しかし、ここは落ち着いて流れを引き寄せて前半10分過ぎには琉球が主導権を握り、MF 15 レオナルド、DF 13 濱田克大、MF 18 富樫佑太らが積極的にシュートを放つ。そして40分、セットプレーからレオナルドのパスにゴール前のMF 7 田中恵太が一蹴りで同点に。

落ち着いた琉球は後半も流れをさらに引き寄せる。MF 8 藤澤典隆が相手DFのクリア球を拾うと、今季初スタメン出場のFW 9 パブロにつなぎ頭で押し込み逆転に成功。パブロはJ3リーグ戦初得点。終盤にはMF 10 富所悠のフリーキックに田中が左足であわせてネットを揺らしさらにリード。最終盤に左サイドを崩され失点する場面もあったが、ここはなんとか守り切った。

次節(第6節)は4月24日(日)のカターレ富山戦、第7節の5月1日(日)のSC相模原戦とホームゲーム2連戦。いずれも16:00キックオフです。

第5節試合データ(Jリーグ公式サイト)

第5節試合レポート(Jリーグ公式サイト)

第5節試合後コメント MF 7 田中恵太選手(Jリーグ公式サイト)

第5節試合後コメント 金鍾成監督(Jリーグ公式サイト)

※掲載写真の無断利用・転載はご遠慮ください。
Unauthorized use of the photos is prohibited.

第5節 盛岡 集合 第5節 盛岡 パブロ レオナルド 第5節 盛岡 得点1 第5節 盛岡 朴一圭 第5節 盛岡 濱田 第5節 盛岡 パブロ1 第5節 盛岡 パブロ2 第5節 盛岡 レオナルド 第5節 盛岡 才藤