NEWS&INFO

ニュース・情報

Last Update:2019/11/26

すべてのニュース
ALL NEWS 2019 November

2019年11月26日

クラブ

2019シーズン御礼 「サッカークラブを超えた存在を目指して」

2019年11月25日 2019シーズン42試合という長丁場の戦いが終わり、最終成績は、勝点49(13勝10分19敗)の14位となりました。

ファン、サポーターの皆様、スポンサー・パートナーの皆様、並びにホームタウン沖縄市を始めとした自治体の皆様、シンカスタッフの皆様、このFC琉球をご支援いただいております全ての皆様に今シーズンも多大なるサポートをいただいたことを改めて厚く御礼申し上げます。

昨年度のJ3優勝を経て、臨んだJ2初年度の今シーズンはクラブの歴史に新たな時代が刻まれた実りある一年となりました。

開幕4連勝、ホームゲーム30試合無敗記録の達成、そしてクラブ史上最多動員となった8月の横浜FC戦は1万2000人を超えるお客様にご来場いただきました。

またホームタウン活動を通して、多くの子供たちと触れ合う機会も増え、「沖縄のスタジアムは、本当に子供が多い」という言葉をもらうことも多く、クラブとして目指す「沖縄の愛に溢れたスタジアム」の道へ少しずつ進んでいることが実感できました。

 

2019年10月には首里城の火災というあまりにもショッキングなニュースもありました。

この身が焼けるような惨事に、沖縄の象徴を目指すクラブとしてできることは、共に寄り添い、勇気づけることです。ベンガラ色のユニフォームを纏うFC琉球として、今こそ強く立ち上がる時だと改めて感じております。

「沖縄を愛し、沖縄に愛される」というクラブ理念を体現し、県民の皆様にとってのシンボルになること、それが「サッカークラブを超えた存在」の意味だと強く思っています。

 

チームとしては、ボールを保持し攻撃的に戦って勝ち切るというスタイルを継続・強化し、連勝できる・連敗しないタフさを身に付けることで今年以上の成績を目指します。「子供たちが目指すべき夢」としてチームが存在できるように、ピッチ上で躍動する選手たちの姿を楽しみにしていてください。

多くの方々と歩むことのできた2019シーズンではありましたが、我々FC琉球の物語はまだ始まったばかりです。日本一のクラブを目指して、今後ともFC琉球へのご支援、ご協力ならびにご声援をよろしくお願いいたします。

 

代表取締役社長 三上昴
代表取締役副社長 廣崎圭