NEWS&INFO

ニュース・情報

Last Update:2019/04/26

すべてのニュース
ALL NEWS 2019 April

2019年4月26日

クラブ

平成30年度 経営状況について

J2リーグに所属するFC琉球を運営する琉球フットボールクラブ株式会社では、平成31年4月26日に定時株主総会を開催し、第6期(平成30年2月1日〜平成31年1月31日)事業報告及び決算報告が承認されましたので、昨年度のFC琉球の経営状況について、下記の通りにご報告致します。

 

【昨年度の経営成績に関する分析】

当クラブでは、昨年より引き続き、経営体制の再編、財務体質の強化、コーポレートガバナンスの向上を優先課題として、クラブ経営改革を進めてまいりました。平成 30 年度も前年度と同様に「J2 クラブライセンス」を取得し、好位置につけていたチームの追い風を作ることができました。チームも 9 月以降は順調に勝ち星を重ね、7,810 名の方にお越しいただいた 11 月 3 日ザスパクサツ群馬戦にて、悲願の J3 優勝並びに J2 昇格を果たすことができました。

総売上高に関しては、333 百万円と前年対比で 93 百万円増加となりました。営業収入におけるそれぞれの内訳を見てみると、広告料収入 155 百万円、入場料収入 10 百万円、物販収入 11 百万円となっております。特に広告料収入においては、前年対比 90 百万円と大幅に増加することができました。また入場者数においては平均 3146 名と J3 リーグ平均でもある 2491 名を超えることができました。

ただ一方でチーム強化費・アカデミー強化費・人件費などの費用も増加し、目標としていた黒字化に関しては達成することができず、営業純損益に関して改善は見られたものの未だ 36 百万円の赤字着地となっております。来期に向けては収入面強化とともに、支出管理の徹底を通して黒字化実現へ向けての経営努力をしてまいります。

 

【次期の見通し】

今期より初のJ2リーグを戦うにあたり樋口新監督を迎え、シーズンオフに大幅な選手補強を実施いたしました。年間予算は今期+2億円の約5.6億円とし、これまでのビジネススタイルを抜本的に見つめなおし、収入拡大のためスポンサー営業だけではなく入場料収入やグッズ売上など、日々改善に取り組んでおります。

現在トップチームは、明治安田生命J2リーグ10節終了時点で4勝4分2敗勝ち点16、プレーオフ圏内の6位という状況にあります。

今後J1昇格というさらなる目標・J1ライセンス取得に向けて、練習場やスタジアムなどハード面の整備に加え、引き続き財務体質の一層の健全化、ガバナンス強化に取り組み、単年での黒字化を目指してまいります。

引き続き、皆様からの熱いご声援とクラブへのご支援を心よりお願い申し上げます。