FC琉球エンブレム

NEWS&INFO

ニュース・情報

Last Update:2015/11/01

すべてのニュース
ALL NEWS 2015 November

2015年11月1日

トップチーム

【第36節結果 / The 36th Sec. Match Result】アウェイ秋田戦:3‐3 9位
松尾・岩渕・田辺の3連弾で一時逆転 アディショナルタイムに痛恨の失点
Ryukyu Once Turned The Game Around Against Akit, But Lost It In Add. Time

明治安田J3リーグ第36節で琉球は11月1日、ブラウブリッツ秋田とアウェイゲームを戦い3-3で引き分けた。前半に2点を先制され苦しいスタートだったが、後半開始早々に追いつき、さらに田辺圭佑がミドルシュートを決めて一度は逆転に成功。しかし、アディショナルタイムにパワープレーで攻める秋田に追加点を献上し、試合終了。勝ち点1を分け合う結果になった。順位は変わらず9位。

第36節までのリーグ順位は琉球9位、秋田8位。中位で団子状態の中、どこが勝ち点3を得られるかが焦点。前半は主導権争いで一進一退の攻防が続いたが、徐々に秋田の流れに。22分にクロス球を頭で決められ、その後もこぼれ球を拾われて追加点を許し、0-2で折り返し。

しかし後半に入ると琉球が一気に攻め立てる。49分にMF松尾昇悟が切り込んで1点を得ると、直後にMF岩渕良太がクロスこぼれ球をひろい器用に決めて追加点。さらに75分にはMF田辺圭佑がミドルシュートでネットを揺らし、逆転に成功。そのまま逃げ切るかに思えたが、最終盤に大きく引いた琉球に対して秋田がパワープレー。アディショナルタイムにゴール前の混戦から押し込まれ、結局は同点となった。

FC Ryukyu played an away game againt Blaublitz Akita and finished the match with the tied score, 3-3. Ryukyu boys once turned the game around but lost it in the very end. Ryukyu’s standing in the J 3 league is unchanged, 9th.

Both teams bickered over control of the game and the latter gradually took it. An Akita got a starter at 22 min, and added another score by netting the rebound in the first half.

With a 0-2 deficit to Akita, Ryukyu showed dramatic changes in its performances in the early second half. Right after the half-time, FW Shogo MATSUO cut into the box to shot and MF Ryota IAWABUCHI reacted a loose ball beautifully to make another score. The most excitng for Ryukyu was when MF Keisuke TANABE bided his time and succeeded in turning the game around by his middle-range shot at 75 min.

The game, however, went on against Ryukyu’s odds. Ryukyu faced Akita’s heavy attacks at the very and of the game and allowed the opponents to catch up in the additinal time. That made the match ended in a draw.

公式記録はこちら ⇒  公式記録
The Match Report ⇒  The Match Report

戦評はこちら ⇒  戦評

監督コメントはこちら ⇒ 薩川了洋監督

選手コメントはこちら ⇒ 富所悠選手