NEWS&INFO

ニュース・情報

Last Update:2018/12/14

すべてのニュース
ALL NEWS 2018 December

2018年12月14日

トップチーム

樋口靖洋監督就任のお知らせ

このたびFC琉球では、樋口 靖洋氏が2019シーズンよりトップチームの監督に就任することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

staff_main_headcoach

樋口 靖洋(ひぐち やすひろ)監督
□生年月日 :1961年5月5日(57歳)
□出身地 :三重県
□選手経歴 :四日市中央工業高校→日産自動車サッカー部
□指導経歴:
1985―1998 日産および横浜F・マリノス各世代アカデミーで指導
1999-2005 J1 横浜F・マリノス コーチ
2000 ナビスコカップ優勝
2003、2004 Jリーグ年間優勝
2006-2007 J2 モンテディオ山形 監督
2008-     J1 大宮アルディージャ 監督
2009-     J2 横浜FC 監督
2010-2011 J1 横浜F・マリノス コーチ
2012-2014 J1 横浜F・マリノス 監督
2012 リーグ戦4位 天皇杯3位
2013 リーグ戦2位 天皇杯優勝 ナビスコ3位
2014 リーグ戦7位 ACL出場
2015-     J1 ヴァンフォーレ甲府 監督(5/10まで)
2016-2018 J3 Y.S.C.C.横浜 監督
□コメント:
2019年シーズンのFC琉球の指揮を執ることになりました、樋口 靖洋です。
FC琉球がJ2に舞台を移して闘う節目の年に、監督という重責を担うことは、とても光栄なことであり、身の引き締まる想いであります。
昨シーズンのFC琉球のプレースタイルは、主体的にプレーし、チームでボールを動かし、躍動感溢れる攻撃的なサッカーで、J3を制覇しました。
このプレースタイルは、私のサッカー感に大変近いものであり、昨年は対戦相手として、大いに参考にし、勝手ながらライバル視をして戦いを挑んでいました。
J2は42試合という長丁場に加え、どのチームも戦力が拮抗し、様々なスタイルのチームがあり、非常に難しく、タフな戦いが待ち受けていると思います。しかし、FC琉球を率いるうえでは、これまでチームが積み上げてきたスタイルを継承し、発展させ、さらに魅力のある攻撃的なサッカーを展開して、ブレることなく戦い抜きたいと思います。
沖縄の青い空澄み渡る海には、守備的なサッカーは似合いません。FC琉球の胸のエンブレムに誇りを持ち、選手達が生き生きとプレーする 「躍動感」と、チームが一つになって連動し、直向きに戦う「一体感」をピッチで表現し、攻撃的に戦います。
皆様のご支援、ご声援が、選手の後押しとなり大きな力になります。
スタジアムで共に闘いましょう!
よろしくお願い申し上げます。

FC琉球 監督  樋口 靖洋